東日本大震災

Date
2011-03-28 (Mon)
Category
日記

すっかりご無沙汰してます。abanicoです。

年明け以来、一回もblog更新していなかったので、どこかのタイミングで「明けましておめでとうございます」というコメントと共に更新してやろうか等と、そんな寒い事を考えていたのですが、ここに来てまさかの震災。
直接的な被害を受けた訳では無いのですが、茨城の海沿いに住む人間としては結構影響が出てきてしまいました。
でも震災から2週間経ち、公私共々落ち着いて来ましたので、状況報告も兼ねて更新します。
長文なんで、続きを読む(Continue reading)からどうぞ。

震災当日、その時間で止まった時計。


 

震災当日なんですが、当然いつも通り仕事をしてまして。
割にこの手の振動には敏感な私が気付いて「地震だ」と一声。
しばらくはゆるやかな横揺れだったので皆で様子を見ていたら、突然小刻みな縦揺れが。
それもあっという間に突き上げるような揺れに。
事務スペースの外を見たら、もう他の部署が外に向けて避難開始中だったので、机の下に潜り込もうとする社員にも声をかけて、非常階段から撤収。
全員が避難したのを確認して私が階段を降りようとした時には、もう歩くのが困難なくらいの揺れ。
必死で両手で手摺を押さえて何とか降りられました。
他の部署で打ち合わせしてた部員の安否を確認し、全員で避難場所である駐車場へ集合し、人員点呼したりしている間に、第二弾の地震。
これまた立っていられないくらいの振動で、周囲の電信柱も電線を引き千切らんばかりの揺れ。
隣の工場に積み上げられてた資材もガラガラと崩れるレベル。
その後しばらく余震が収まるのを待つも、その気配なし。
津波のおそれもあり、一方では日も暮れそうという事で緊急操業停止。
全員即解散となりました。

まずは、自分の車を止めている場所へ行ったら、もうこの有様でした。

 

アスファルトがひび割れて、液状化した泥が吹き上がってしまい、水浸しの場所も。
いざ走り始めてみたら、至る所で道路に亀裂。
汚泥の水たまりもあちこちに。
しまいには道路下の配水管がそのまま飛び出して、まるでスーパーマリオのゲーム画面みたいになってる箇所まで。
もちろん信号は全て停電です。
ただ、そんな状態でも交差点では直進車と右折者が、譲り合いながら一台づつ交互に合流してたりして、ちょっと感動しました。
まさにこれぞ日本人。中国じゃ絶対あり得ねえ。(w
いつも使っている海沿いの道は、津波が怖かったので一本内陸側の国道を使ったのですが、ここでも対向車線を見たら水浸し。
その時はてっきり液状化して出てきた水だと思っていたのですが、後日そっち側を取ったらこんな状態。

 

どうやら津波の先触れの水だったらしいです。
ちなみにいつもの海沿いの道の方はと云うと、4mくらいの津波が来たそうで。

 

改めて考えると、際どいタイミングだったようです

遠くに見える火力発電所は、震災発生直後から、この状態。どうやら緊急避難的にガスを燃焼させていたようで、これはつい最近まで続いてました。

 

そうこうするうちに日も暮れてきたんですが、夕焼けがまあ気持ち悪い。

 

そんなこんなで、普段なら20分もかからない通勤路を1時間以上かけて帰宅。
うれしい事に、自分のアパートを含む数百メートルくらいのブロックだけ停電しておらず、近所のコンビニも営業中という事で、冷凍鍋うどんやらインスタントラーメンやら水などを購入出来ました。(目茶目茶並びましたけど)
まあでも、道路状況はさらに悪くなっていて、正直ここまで来るともう笑ってしまうレベル。

 

自分の人生で、こんな風景見る事があるとは思いもしなかったわ。

幸い、部屋の散らかり具合は、会社の事務所の惨状を見た後では拍子抜けするくらいで一安心。
(建物自体は若干傾きましたが)

 

 

 

ミサカ盛りのミサカが2体ほど行方不明になってしまい、困ったくらい。(w

 

電気はOK。ガスもプロパンなのでOK。水だけ出ないという状況で、お風呂とトイレの水をどうしようかという所だったのですが、たまたま浴槽に水を溜めてまして。
残念ながら断水状態ではお湯を沸かせないガス給湯設備なので、お風呂は沸かせず、トイレ用の水として使うことに。
でもこれが今日まで持っていますので、非常に役立ちました。
ちなみに、何故水を溜めていたのかと云うと、前日たまたま見かけたこのニュースから。
【速報】今夜大地震がくるかもしれない
これがマジ的中ですよ。
2chまとめblogを巡回する簡単なお仕事も、意外と馬鹿になりませんよね。

あとは余震と津波に怯えつつ、布団にくるまってその日を終えました。
実際、夜半に一度、津波で緊急避難放送が出たのですが、逃げる所なんかどこにも無い人間としては、ここまで来ないことを祈る事くらいしか出来ず。
幸い、以降は大きな津波も無く、無事翌日を迎えることが出来ました。

翌日は、買い出しも兼ねて近所をうろついたんですが、もちろん開いている店などほとんど無く。
そんな中で撮った写真がこちら。

 

 

うちから1kmほど離れたあたりが一番手酷くやられていたようです。

 

この辺は、揺れだけでなく、津波も来た模様。


幸い、近所で井戸水を汲める場所を発見したので、あとはもう無駄な体力を使わないようにと思い、この日はもう部屋へ引き篭もり。

さらに翌日はまだ日曜日でしたが、工場の復旧作業開始という事で、我々スタッフは出社。
以降、そのまま2週間にわたり余震に怯えつつ、復旧作業を続けることとなりました。
なにせ工場も停電、断水状態なので、暖房も使えず、トイレを使うときは貯水槽からバケツで水を汲んで使うような状態だったのがつらかったです。
途中、二日ほどは大きな余震があり、その日は作業中止して緊急帰宅という事も。
でも、お昼ご飯は被害の少なかった近隣の工場からの炊き出しが届いていたので、食事の心配は無く。
かえって余ってしまうくらいだったので、そのまま持って帰って晩飯にもなりました。
2週目からは電気も復活し、暖房も使えるようになり、復旧作業もペースアップ。
なんとか来週からは、操業再開出来そうな目処が立ちました。

部屋の方は相変わらず断水してますが、いざとなれば井戸水もありますし、1週間前からは近所の温泉が再開したので、毎日お風呂に入れるようにもなりました。
隣町までは水が来ているので、コインランドリーで洗濯も出来ますし。
ガソリンも一時は凄い行列になってて、私も一度5時間並びましたが、これも一昨日からは普通に並ばずに入れられるようになりました。
ここ2週間くらいは常にゆったりとした余震が続いていて、船に乗っているかのような気持ち悪さだったのですが、一昨日くらいから収まって来ました。
コンビニやレストランも、一部を除いてほぼ営業再開しました。
という訳で、あとは水さえ使えるようになれば、完全に元通りの日常に帰れそうです。

以上が震災以降の私の状況でした。

今回の震災や原発事故に関しては、TVやネットで沢山の情報が流れていて、私としても思うことは色々あるのですが、ちょっとまだ頭の中が整理できていないので、それらのコメントは後ほど。
まずは現状報告という事でここまでとします。


なんかプライベートな話ばかりで申し訳ないので、お詫びに最近作ったものを載せておきますね。

 

某魔法少女アニメの淫獣です。
FIMOという色付き粘土で作ってます。
FLOG FLAGさんがカエル作るのに使ってる奴ですね。
確か1月末くらいには作っていたと思うんですが、その後はこれでほむらちゃんやら杏子ちゃんやら魔女まで作っちゃうような規格外が出て来てびっくり。
モデラーマジぱねえ。
ちなみにうちのQBは、蓄光樹脂を使ってみましたので、暗いところで光りますよ。(w

 

Comment Form

Remember Me?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://abanico.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/680
Listed below are links to weblogs that reference
東日本大震災 from plastico del celestial - ぷらすちこ・でる・せれすちある -

Return to Page Top